×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベルサイユのばら(8)

.

記事本文


ベルサイユのばら(8)

貴族たちと民衆の対立は更に深刻化し、ついに民衆が武器をとりはじめる。
次第に革命のムードが高まる中、ついにフランス衛兵にパリ出動命令が下る。
そんな中、オスカルとアンドレは出動前夜、永遠の愛を誓いあった…革命はフランス全土に広がり、新しい歴史が刻まれつつあった。
フランス衛兵と共に革命側へ寝返ったオスカル。
戦闘の中でアンドレが銃弾に倒れ、オスカルもまた撃たれてしまう…!! ついにバスティーユ陥落。
勝利を喜ぶ民衆の声はいつまでもパリ中にこだました。
ルイ16世処刑。
残されたアントワネットの最後のなぐさめは子どもたちとのひとときだけだった。
しかし、革命は最後まで容赦なくマリー・アントワネットをむちうった…果てしないラーメンの魅力にとりつかれた男たちが、“理想の一杯”を求め、日々闘い続ける……。
エセ・グルメな店も客も、すべてを粉砕する衝撃の“食”バイオレンス!! ふざけた味は、もういらない!!雨宮雄二の下宿部屋、“きりの間”には夜毎不思議な霧がたちこめる… その正体を確認するために押入れの襖を開けてみると、なんとそこには異次元の世界が!? いったいここはどこなのか…続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60001746



Copyright (c) ベルサイユのばら(8)All rights Reserved.